ずーっと ずっと だいすきだよ

今日は「ずーっと ずっと だいすきだよ」をご紹介します。

お話は: 主人公の『ぼく』は犬のエルフィーと仲良しで一緒に大きくになりました。いつも一緒に遊んでいましたが、エルフィーの方がずっと早く大きくなって、ぼくが大きくなるにつれてエルフィーは年をとっていきました。

エルフィーはだんだん動けなくなりますが、ぼくは寝る前に必ず「エルフィー、ずーっと、だいすきだよ」って言っていました。

ある朝目が覚めるとエルフィーは死んでいました。
家族はみんな泣いて、ぼくももちろん悲しくてたまらなかったのですが、少しだけ気持ちが楽でした。それは、毎晩エルフィーに「ずーっと、だいすきだよ」と伝えていたからです。

~~~~~
ペットに限らず大切な人との別れはいつかはやってきます。それは突然おこるかもしれません。。。
この絵本は、家族、友人、恋人など大切な人に、日頃から思いを口にして伝えることの大切さを教えてくれます。

~~~~~
●文と絵: ハンス・ウィルヘルム
●翻訳: 久山 太市
●出版社: 評論社

ずーっとずっとだいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋) [ ハンス・ヴィルヘルム ]

価格:1,296円
(2019/9/8 15:41時点)